着物の基礎知識

 「きもの」は、その美しさにおいて、日本が世界に誇る民族衣装です。洋服は立体的で、曲線を多く使って縫ってありますが、それにくらべて日本の「きもの」は 平面的で、直線を多く使って縫ってあります。

布をたてとよこの織り糸にそって裁断し、縫いしろを切り落とさないため、まったく布を無駄にすることなく縫い上げます。また、運針の方法も日本独特のもので、いろいろな縫い方のなかでは、布地を最も傷めない方法だといわれています。

優秀な技術者の運針は、糸をはずしたときに縫い跡がほとんど残りません。

直線を基本とした裁断方法と、独特の運針を組み合わせて作る「きもの」は、体形 が大きく変化したとき、体形の違う別の人が着たいときなど、容易に作り替えることができます。また、男子用を女子用に、子供用を大人用に、「きもの」を 「はんてん」や「帯」などに作り替えができるよう、さまざまな工夫がしてあります。

収納するときも、平面的にできているため、少ない場所に多く入れるなど、本当によく考えられた衣服です。「ゆかた」を縫ってゆくうちに、「きもの」 について多くの発見をすることでしょう。 社団法人 日本和裁士会

ゆかたの制作資料のダウンロードはこちらから(PDFファイル)