会長挨拶

 一般社団法人 日本和裁士会 ・ 会長 手島 明彦

 きものの仕立てを通して、豊かな「着て楽しむ」文化を支えます。

 「和裁士 Ⓡ 」それは、世界に誇れる日本の民族衣装、きものの反物を、一人ひとりのお客さまの体形や好みに合わせ、一枚のきものに縫い上げるプロフェッショナルの呼称です。

 「和裁士 Ⓡ 」は、一般社団法人日本和裁士会が商標登録しており、和裁士会の会員のみが使用できることを、まずはお知らせいたします。

 当会は1953年(昭和28年)の創立以降、「和裁士 Ⓡ 」の社会的地位の向上、後継技術者の育成、きもの・和裁の振興を目指し、さまざまな活動してきました。

 “和裁技術の日本一”を決める競技会「全国和裁技術コンクール」、高校生以上の学生を対象にきもの作品を公募する「きもの作品コンテスト」、和裁技術の向上を図るとともに、そのベースとなる日本文化やきもの文化への造詣を深める「全国和裁研修会」、プロ和裁士を認定する「和裁士技能検定(旧:職業和裁技能検定)」などを毎年、実施しています。

 「和裁士 Ⓡ 」の価値をさらに高め、きものを楽しむ人たちに貢献していくため、近年は「縫って、着て、着せられる和裁士 Ⓡ 」をスローガンに独自の着装資格制度も整備し、着やすく着崩れしにくい着方の習得・指導にも力を入れています。 また、中学校における和装教育、地域社会へのきもの振興にも各地の会員が積極的に参加するなど、活躍の場を広げています。

 時代は大きく変化し、きものの市場規模は激しく縮小しました。 また和裁分野においては、中国やベトナムにおける海外縫製が増加し、国内の「和裁士 Ⓡ 」に多大な影響を与えています。

 しかし縮小の一方で、市場のニーズは時代と共に多様化・個性化し、新調の仕立てはもちろんのこと、仕立て替えやリフォーム・リメークなどの再生も含め、より専門的で感性豊かな対応が求められてもいます。

 きものには多様な楽しみ方があり、それを支える多様な技術や知恵がある…このような多様なニーズに対応しながら、専門技術や知識、創意工夫を蓄積し継承してきたのが国内の「和裁士 Ⓡ 」であり、その「和裁士 Ⓡ 」のネットワークが日本和裁士会と言えます。

 きものの仕立てを軸として、「きものを着て楽しむ」という豊かな文化を支え、未来に継承していく――私たち「和裁士 Ⓡ 」は、今日も一針一針に心を込めて、皆様のきものを縫い続けています。

「きものを縫えるあなたへ」… 「きものが縫いたいあなたへ」… 「きものを愛するあなたへ」…
日本和裁士会をよろしくお願いいたします 。