日本和裁士会とは

 それは日本和裁士会のみが一定の基準に基づいて認定する資格です。   

 日本人の「心」のよりどころとして受け継がれてきた日本文化の代表ともいえる民族衣装「きもの」。

 このきものの美しさを作り出す和裁の技術は、これからの次代を担う若者に受け継いでいってもらわなければならない貴重な技術であり、そして日本人の手で縫い上げ、心のかよう暖かみのある製品づくりが、きものにはなくてはならない技術であり、使命です。


 いま「きもの」は静かなブームを呼んでおり、プロに相応しいレベルの高い技術を習得した「和裁士」への期待は年々大きくなっていますが、その一方で、和裁士の数は減少傾向にあるのが現状ですので、プロの「和裁士」は職業としての希少価値を高めています。

 「プロ和裁士」への道は厳しいものです。しかし、女性の職業として将来性、経済性は高く、 その技術は生涯の財産でもあります。