和裁用具のご紹介

1.針

 ゆかたを縫うためには、主にもめん針を使います。縫い、くけ、 しつけなど縫い方の違いや、指の長さによって針の長さを選びます。(もめん針やガス針の5号から9号程度)
待ち針は、縫うときに布がずれないように固定する針です。 針の頭にプラスチックの花形や玉が付いています。
※使用前と使用後は、いつも針の数を点検して、安全な取り 扱いに注意しましょう。


2.糸

 ゆかたを縫うには、木綿や化繊の糸を使います。布地の色に合った色を選びましょう。
糸の太さは、木綿糸(綿糸)は30番、化繊の糸は40番がよいでしょう。


3.はさみ

●糸切りばさみ糸を切るなど細かな作業に使います。
●裁ちばさみ布地を切るのに使うはさみで、鉄製やステンレス製などがあります。
※はさみは十分注意して使いましょう。使ったあとは、安全のために ケースに入れておくようにします。


4.ものさし(竹尺)・メジャー

 竹製の50cmものさしと1mものさしを使います。竹尺 はしるしをつける場合などに使います。
メジャーは体の寸法など、竹尺が使いにくいところを 測るために使います。


5.ヘラ・チャコ

 ヘラはするしをつけるのに使 います。チャコはヘラでしるし をつけにくい布などに使います。

<ヘラの使い方 >
 平らなほうをものさしに当てて 使います。


6.指ぬき

 指ぬきは中指第一関節と第二関節の間にはめ、針のメド(針穴の あるほう)をあて、縫いや、くけに用いる用具です。皮・金属・セ ルロイド・皮セル製などがありますが、すべてを手縫いで縫うとき は皮製のものが適しています。


7.机上くけ台・かたはり(ひっぱり器)

 机のはしにくけ台を取り付け、それ にかけはり(ひっぱり器)を付けて、 布を引っ張って縫ってゆきます。
 縫い、くけ、折りつけに使い、慣れ てくると自分の手のように便利なもの になります。


8.アイロン

 布の地直しや仕上げに使用します。
 ゆかた(木綿地)の地直しには、スチームアイロンを使 用したりキリを吹いて、布地をよく縮めておきます。


9.コテ

 和裁専用の電気コテを使うと便利です。釜の中に熱源があり、サー モスタットで一定の温度を保てるので安全です。
 2本差し、4本差し などがあります。キセ折りや縫いしろを押さえたり、簡単な仕上げをする場合に使用します。


10.キリ吹き

  地直しや、仕上げなど布に湿り気を必要とするときに使用します。
  金属・プラスチック製などいろいろな形がありますが、細かいキリが 出るものを選びます。


11.えもんがけ・人台

 完成したきもの全体のでき具合を調べるほか、裁断したものの柄の配置を見る場合などに使 用します。
 形は、人台付きとつるし型の2種類があり、いろいろと工夫されたものが市販されています。 人台付きのものは、えりの仕上がりなどを点検するのに適しています。
 つるし型は、ゆきがい っぱいに伸ばせるもの を選びましょう。
 柄の 配置や寸法などを点検 するのに適しています。